大学出版部協会

 

 都市町人の社会構造を読む近世京都の歴史人口学的研究

近世京都の歴史人口学的研究 都市町人の社会構造を読む

浜野潔:著
A5判 276ページ 上製
定価:3,800円+税
ISBN978-4-7664-1401-1 C3021
奥付の初版発行年月:2007年08月

内容紹介

幕末京都の人口減少はいかにして起こったか。
都市経済の進展に伴う借家人、奉公人の消長。都市を襲う天災や人災の傷跡。
三条界隈、西陣などの町に残された「宗門改帳」をもとに都市を支えた「町衆」の社会経済的構造の解明に迫る、歴史人口学最新の成果。


浜野潔(はまの きよし)
関西大学経済学部教授。
1958年東京都に生まれる。1987年、ハワイ大学社会学部修士課程修了。1989年、慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程単位取得。慶應義塾女子高等学校教諭、京都学園大学経済学部助教授、同教授を経て2002年より現職。
専攻:日本経済史、歴史人口学
主要著書:『人類史のなかの人口と家族』(共編著、晃洋書房、2003年)『<名君>の蹉跌——藩政改革の政治経済学』(訳書、NTT出版、2004年)

目次

第1章 近世都市の歴史人口学
第2章 前近代日本の都市人口史
第3章 人口変動のメカニズム——西堂町
第4章 西陣の経済危機と人口——花車町
第5章 雑業者の町と人口——志水町
第6章 幕末における人口と世帯の構造
第7章 近世京都の奉公人——長期趨勢と人口プロファイル
第8章 災害と復興の人口史——元治大火と京都町人
終 章 近世後期京都の人口減少


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。