大学出版部協会

 

 その形而上学的転回シモーヌ・ヴェイユの哲学

シモーヌ・ヴェイユの哲学 その形而上学的転回

四六判 396ページ 上製
定価:3,500円+税
ISBN978-4-7664-1262-8(4-7664-1262-1) C10
奥付の初版発行年月:2006年05月

内容紹介

シモーヌ・ヴェイユの著作を、その思索の筋道に沿って解読する。
34歳で亡くなったシモーヌ・ヴェイユの道徳的・宗教的思想を、その基礎にある形而上学的見地——カントとプラトンとの関連——から体系的に解釈した画期的研究書の翻訳。


【著者】
ミクロス・ヴェトー(Miklos VETO)
ポワチエ大学哲学科教授。
専門:ドイツ観念論哲学。1964年、本書でオックスフォード大学哲学博士号取得。

【訳者】
今村純子(いまむら じゅんこ)
慶應義塾大学文学部非常勤講師。
専門:芸術哲学、芸術倫理学。
2002年、≪L'analyse esthetique de la phiosophie de Simone Weil≫[シモーヌ・ヴェイユ哲学への美学的アプローチ]でポワチエ大学哲学DEA取得。2003年、京都大学大学院文学研究科思想文化研究専攻博士後期課程修了。

目次

第二版への序文(1997年)
序章
第一章  脱創造の観念
第二章  注意と欲望
第三章  エネルギー、動機、真空
第四章  苦悩と不幸
第五章  美の経験
第六章  時間と自我
第七章  無行為の行為
結論

訳者解題


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。