大学出版部協会

 

墓標の民族学・考古学

墓標の民族学・考古学

朽木量:著
A5判 283ページ 上製
定価:5,800円+税
ISBN978-4-7664-1101-0(4-7664-1101-3) C3039
奥付の初版発行年月:2004年11月

内容紹介

日本の近世墓標とニューカレドニア日系移民の墓標という2つの素材を、アセンブレッジ(遺物の組成)とハイブリディディ(異種混交)の視点から、墓標造立の歴史的・社会的背景や、モノの作り手・使い手の関係を考察する。


1969年生れ。慶應義塾大学大学院文学研究科史学専攻民族学考古学分野博士課程単位取得退学。博士(史学)。現在、千葉商科大学政策情報学部助教授。

目次


刊行に寄せて 鈴木公雄

 序 章 墓標の民族学・考古学的研究の目的と方法
一 物質文化研究としての墓標研究
二 墓標の資料的価値
三 墓標に見られる変化と地域的・歴史的・社会的コンテクスト

第一部 物質文化研究の理論的視座
第一章 物質文化研究の学問的地平
一 社会科学における物質文化研究
二 考古学・民族学・民俗学における物質文化研究
第二章 物質文化研究の理論と墓標研究
一 物質文化に見られるアセンブレッジ
二 本質主義批判の方途としてのハイブリディティー概念
三 歴史的・社会的コンテクストとハイブリディティー

第二部 墓標研究の歩み
第一章 日本における墓標研究の歩み
一 考古学における墓標研究史
二 民俗学的な墓標研究と石工についての研究史
第二章 欧米における墓標研究の歩み
一 欧米における墓標研究の位置付け
二 墓標のプロセス考古学的研究
三 日本人による海外での墓標研究の動向

第三部 近世墓標の民族学・考古学的分析
第一章 近世日本における墓標とその型式の変遷
一 近世墓標とは何か
二 近世墓標研究の調査方法
三 近世墓標の型式分類と石材の分類
四 墓標型式の変遷とその画期
第二章 墓標の形態変化と石材流通の諸相
    ——淀川・木津川流域の事例——
一 淀川・木津川流域における近世墓標の形態と石材
二 頭部が弧状を呈する墓標(B型)の普及と和泉石の需要
三 和泉石と墓標型式の普及の背景
四 小結
第三章 墓標の石材に見られる地域的差異(一)
    ——京都府南山城地区で採石される花崗岩の消長——
一 問題の所在
二 墓標型式に見られる地域的差異
三 石材に見られる地域的差異
四 梅谷地区の歴史的背景
五 小結
第四章 墓標の石材に見られる地域的差異(二)
    ——奈良春日裏山産カナンボの消長とその影響——
一 問題の所在
二 奈良における近世石工研究
三 木津郷周辺の墓標から見たカナンボ石使用の地域的傾向
四 カナンボ石採石の歴史的背景と石工集団の消長
五 小結
第五章 葬送単位としての村と墓標造立の意味
    ——奈良県旧磯城郡上之郷村六邑の墓制——
一 郷墓に立つ墓と村墓に立つ墓
二 郷墓研究の概略
三 奈良県旧磯城郡上之郷村六邑の郷墓
四 郷墓における墓標
五 小結
第六章 墓標のアセンブレッジから見た墓地空間
一 問題の所在
二 墓標研究における現象学的視点の必要性
三 墓標研究における統計学的手法の利用
四 空中写真による墓地空間利用順序復元の検証
五 小結
第七章 近世日本における墓標造立行為の復元
一 近世墓標の形態変化とその地域的・歴史的・社会的背景
二 近世墓標の民族学・考古学的分析の要約

第四部 日系移民の墓標の民族学・考古学的分析
第一章 日系移民の物質文化研究と墓標
一 エスニシティ論の理論的枠組みと物質文化研究
二 移民の帰属意識と形態表象としての墓標
第二章 ニューカレドニア日系移民の墓標研究
一 ニューカレドニア日系移民の経緯
二 日系移民の拡散と墓標形態の変化
三 銘文から見たニューカレドニア日系移民にとっての「死」
四 ニューカレドニア日系二世による墓標造立行為の個別分析
五 小結
第三章 ヌメアに生きた日系移民の生活財と墓標
一 ニューカレドニアにおける日系移民の人口移動とヌメアへの定着
二 ヌメアに居住した日系移民の生活財とパターン
三 ライフヒストリーから見た生活財
四 ヌメア市立墓地の中の「日本」エリア
第四章 ニューカレドニア日系移民の墓標造立行為の復元とその意味
一 日系移民墓標の形態変化とその地域的・歴史的・社会的背景
二 日系移民の墓標の民族学・考古学的分析の要約
 終 章 民族学・考古学における墓標研究の理論的地平
一 墓標の文化的ハイブリディティーと墓標造立行為復元の意義
二 墓標研究と民族学・考古学研究の深化

   引用・参考文献
   あとがき
   謝辞
   さくいん


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。