大学出版部協会

 

生命倫理と公共政策

生命倫理と公共政策

A5判 334ページ 並製
定価:3,000円+税
ISBN978-4-588-67523-2 C1036
奥付の初版発行年月:2019年07月 / 発売日:2019年07月中旬

内容紹介

生命倫理が問われる生殖補助医療、人工妊娠中絶、遺伝医療と再生医療、臓器移植、終末期医療の各テーマをめぐって、これまで国内外で積み重ねられてきた重要な論点を総ざらいし、公共政策の視点から問題の所在を明らかにする。「個人の自由」「共生」「自然性」を理念とする著者独自の政策原則のもと、膨大な先行文献をふまえ、将来への展望を示す斬新な研究・概説書。

著者プロフィール

成澤 光(ナルサワ アキラ)

法政大学名誉教授、元国際基督教大学客員教授。日本政治意識史、生命政治論、公共政策論専攻。単著『政治のことば──意味の歴史をめぐって』(講談社学術文庫)、『現代日本の社会秩序──歴史的起源を求めて』(岩波人文書セレクション)。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

用語解説

序 章 生命倫理と政治

【序論】

第1節 倫理的・法的・社会的問題
1 さまざまな倫理観と公共政策
2 医療の不確実性
3 法規制の特徴
4 社会的問題

第2節 生命倫理の関わる政策の理念と原則
1 生命倫理の原則
   アメリカ型/ヨーロッパ型/キリスト教型
2 医(医師/医療)の倫理の原則
3 自律尊重と自己決定権
4 自律尊重とパターナリズム
   「人体実験」批判/家父長制批判/国家からの自由
5 政策の理念と原則
   個人の自由/共生/自然性

第3節 生命倫理関連法案

第4節 生命倫理行政

第5節 臨床研究審査委員会
1 三類型
   臨床研究審査委員会/個別事例審査委員会/治験審査委員会
2 実 態
3 改革案

【第1章 生殖補助医療】

第1節 医療技術の現状
1 自然生殖と人工生殖
2 不妊症について
3 体内授精(人工授精)
4 体外受精
5 ARTのリスク
6 代理懐胎・出産あるいは契約妊娠

第2節 倫理的問題
1 倫理的問題(総論)
2 倫理的問題(各論)
   体内授精(人工授精)/体外受精/代理懐胎
3 施術の対象について

第3節 法的・社会的問題
1 現状概観
   外国の立法/日本の指針
2 現行法による親子関係
   母子関係/父子関係
3 子が遺伝上の親を知る権利
4 出産への社会的圧力
5 社会保険の適用

第4節 政策論
1 日本弁護士連合会の提言
2 総合研究開発機構の試案
3 日本医師会「生殖補助医療の実施に関する法律案 要綱骨子(案)」
4 自民党「特定生殖補助医療に関する法律要綱(案)」
5 政策提言の論点

【第2章 人工妊娠中絶】

第1節 倫理と権利
1 胎児の生命を重視する見解
2 女性の選択権を重視する見解
3 胎児の倫理的地位
4 胎児の法的地位
5 アメリカの中絶規制
6 ヨーロッパ各国の中絶規制
7 社会的問題
   性教育/妊婦への情報提供

第2節 選別的中絶
1 倫理的論点
2 出生前診断
3 受精卵(着床前)診断
4 Wrongful Birth訴訟 Wrongful Life訴訟
5 障害新生児の治療停止

付論 優生思想の問題
1 優生政策史概観
2 個人の優生選択

【第3章 遺伝医療と再生医療】

第1節 遺伝医療
1 遺伝子診断、遺伝子治療
2 遺伝医療、ヒトゲノム研究に対する規制
3 遺伝情報による差別に対する規制
4 クローン胚研究と倫理的・法的問題

第2節 再生医療
1 人体組織の利用
2 倫理的・法的問題
3 幹細胞研究
   現状/倫理的問題と規制

付論 エンハンスメントについて
1 エンハンスメントとは
2 エンハンスメント規制政策

【第4章 臓器移植】

第1節 移植医療の特殊性

第2節 生体臓器移植
1 生体臓器移植の現状
   実施症例数/安全性と評価
2 規制論

第3節 心停止死体からの臓器移植
1 移植の現状
2 規制論

第4節 脳死臓器移植
1 歴史と現状
   移植医療の創設期/和田心臓移植などの移植医療関連事件
   臓器移植法成立(1997)まで/脳死臨調/臓器移植法施行以後
2 死亡判定基準
   三徴候による判定/脳死による判定
3 旧「臓器移植法」の問題点
   臓器移植に関わる規制範囲の限定/脳死は「人」の死か
   本人の意思と家族の意思/子どもからの臓器提供
   家族・知人への提供/売買の禁止
   事故や犯罪による死体からの移植/その他
4 「臓器移植法」改正
   法改正の動き/改正案の要点/
   「家族の承諾」「家族への優生提供」論/
   虐待を受けた子どもへの対応

第5節 臓器移植の政策課題
1 精神的ケア
2 救急医療体制の整備
3 再生医療への期待
4 渡航移植
5 移植医療の医学的効果
6 虐待された子ども対策
7 日本で臓器提供数はなぜ増えないか
8 残る政策課題

【第5章 終末期医療】

第1節 「安楽死」と「尊厳死」

第2節 苦痛緩和
1 身体的苦痛緩和
2 精神的苦痛緩和
3 社会的苦痛緩和
4 スピリチュアルな苦痛緩和

第3節 死への自己決定
1 自殺幇助(PAS)
2 「延命措置」の不開始あるいは中止
   不開始と中止の区別について/本人の意思確認について
   本人の意思が確認できない場合/立法論

第4節 終末期政策論
1 政策の原則論
2 医療費抑制論
3 嘱託死の選択
4 外国の政策例
   オランダ/イギリス、フランス/ドイツ/オーストラリア

第5節 緩和ケア(ホスピス)医療
1 ホスピスの創設
2 日本の緩和ケア
3 緩和ケア拡充論
4 持続的鎮静
   苦痛緩和に関連して
5 権利としての緩和ケア

参考文献
あとがき
人名索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。