大学出版部協会

 

 障碍者・外国人・動物という境界を越えて正義のフロンティア

サピエンティア25
正義のフロンティア 障碍者・外国人・動物という境界を越えて

四六判 572ページ 上製
定価:5,200円+税
ISBN978-4-588-60325-9 C3330
奥付の初版発行年月:2012年07月 / 発売日:2012年07月下旬

内容紹介

健常者/障碍者、国内の人/国外の人、人間/人間以外の動物は、これまでリベラリズムにおいて恣意的な境界によって分断され、差別的な扱いを受けてきた。本書は、ロールズが正義の主題から排除せざるをえなかった存在者を、政治哲学、法哲学、倫理学、国際開発論その他の分野を横断しつつ、センを踏まえた独自の可能力アプローチによって包摂し、現代リベラリズムに一石を投じる。

著者プロフィール

マーサ・C.ヌスバウム(ヌスバウム,M.C.)

(Martha C. Nussbaum)
1947年生まれ。ハーヴァード大学博士(Ph. D)。ハーヴァード大学、ブラウン大学を経て、現在、シカゴ大学教授(Ernst Freund Distinguished Service Professor of Law and Ethics)。1986年から世界開発経済研究所(WIDER)のリサーチアドヴァイザー。2004年に発足した「人間開発と可能力アプローチ学会」(Human Development and Capability Association)の第二代会長(2006-2008年)。
主な著書に、The Fragility of Goodness: Luck and Ethics in Greek Tragedy and Philosophy(Cambridge: Cambridge University Press, 1986),Love’s Knowledge: Essays on Philosophy and Literature(Oxford: OxfordUniversity Press, 1990),The Therapy of Desire: Theory and Practice inHellenistic Ethics(Princeton, NJ: Princeton University Press, 1994),Upheavals of Thought: The Intelligence of Emotions(Cambridge: CambridgeUniversity Press, 2001),Philosophical Interventions: Reviews 1986-2011(Oxford: Oxford University Press, 2012)、ほか多数。

神島 裕子(カミシマ ユウコ)

1971年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。現在、中央大学商学部准教授。
主な著作・訳書に、押村高・中山俊宏編著『世界政治を読み解く』(共著、ミネルヴァ書房、2011年)、ジョン・ロールズ『正義論 改訂版』(川本隆史・福間聡・神島裕子訳、紀伊國屋書店、2010年)、ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

 略記

序論

第1章 社会契約と正義の未解決の三つの問題
1 自然状態
2 未解決の三つの問題
3 ロールズと未解決の諸問題
4 自由かつ平等かつ別個独立
5 グロティウス、ホッブズ、ロック、ヒューム、カント
6 現代における契約主義の三つの形式
7 可能力アプローチ
8 可能力と契約主義
9 グローバルな正義を求めて

第2章 障碍と社会契約
1 ケアへのニーズ、正義の諸問題
2 契約の慎慮型と道徳型──公共的領域と私的領域
3 ロールズのカント的な契約主義──基本善、カント的人格、だいたいの平等性、相互有利性
4 障碍の問題の先送り
5 カント的な人格と知的な器質的損傷
6 ケアと障碍──キテイとセン
7 契約主義の再構築?

第3章 可能力と障碍 
1 可能力アプローチ──契約主義的ではないケアの説明
2 社会的協働の基盤
3 カント的ではなくアリストテレス的な尊厳
4 善の優先性、合意の役割
5 なぜ可能力なのか?
6 ケアと可能力のリスト
7 可能力か機能か?
8 直観主義であるという論難
9 可能力アプローチとロールズの正義の諸原理
10 尊厳の種類とレヴェル──種の模範
11 公共政策──後見の問題 
12 公共政策──教育と包摂
13 公共政策──ケアの仕事
14 リベラリズムと人間の可能力

第4章 相互有利性とグローバルな不平等──国境を越える社会契約
1 不平等に満ちた世界
2 『正義論』──二段階契約の導入
3 『諸人民の法』──二段階契約の再確認と修正
4 正当化と導入
5 二段階契約の評価
6 グローバルな契約──ベイツとポッゲ
7 国際的な契約主義の展望

第5章 国境を越える諸々の可能力
1 社会的協働──権原の優先性
2 なぜ可能力なのか?
3 可能力と権利
4 平等と適切性
5 多元主義と寛容
6 国際的な「重なり合うコンセンサス」?
7 可能力アプローチをグローバル化する──諸制度の役割
8 可能力アプローチをグローバル化する──どの諸制度か?
9 グローバルな構造のための一〇の原理

第6章 「同情と慈愛」を超えて──人間以外の動物のための正義
1 尊厳のある生活への権利資格を持つ存在者たち
2 カント的な社会契約の見解──間接的な義務、同情の義務
3 功利主義と動物の繁栄・開花
4 尊厳の種類と繁栄・開花の種類──可能力アプローチの拡張適用
5 方法──理論と想像力
6 種と個体
7 動物の可能力の評価──自然崇拝の回避
8 積極性と消極性、可能力と機能
9 平等性と適切性
10 死と危害
11 重なり合うコンセンサス?
12 基本的な政治原理へ向けて──可能力のリスト
13 衝突の回避不可能性
14 真にグローバルな正義へ向けて

第7章 道徳情操と可能力アプローチ

 原註
 訳者あとがき
 参考文献
 索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。