大学出版部協会

 

 魔法使いの秘密の「ことば」ミルトン・エリクソン

ミルトン・エリクソン 魔法使いの秘密の「ことば」

四六判 350ページ 上製
定価:3,400円+税
ISBN978-4-588-18216-7 C0011
奥付の初版発行年月:2019年09月 / 発売日:2019年09月上旬

内容紹介

ミルトン・エリクソンは医療催眠と人の意表を突く処方で知られ、どれほど厄介な問題でも解決するその手腕は「魔法」とも呼ばれた。「いったい私は何をしたのでしょう?」彼が問いかけるこの言葉が成し遂げるものとは何か。言語と身体のつながり、文と心身のつながり、発話と情緒のつながり、そして言語と人の生死とのつながり──彼の問いかけともに、伝統的な哲学や言語学の境界を超えて、新たな地平に踏み出す。

著者プロフィール

澤野 雅樹(サワノ マサキ)

1960年生まれ。明治学院大学博士課程単位取得退学。現在、明治学院大学社会学部社会学科教授。専門は社会思想史、犯罪社会学。主な著書に、『絶滅の地球誌』(講談社選書メチエ、2016年)、『起死回生の読書!――信じられる未来の規準』(言視舎、2016年)、『ドゥルーズを「活用」する!』(彩流社、2009年)、『不毛論――役に立つことのみじめさ』(青土社、2001年)、『記憶と反復―歴史への問い』(青土社、1998年)、『癩者の生――文明開化の条件としての』(青弓社、1994年)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

目次

序、または但し書き

第一章 誕生──ミルトン・エリクソンができるまで
 一 三度の閃光
 二 ポリオへの感染
 三 人生の不公平と人間の多様性
 四 フェニックスの老賢者

第二章 無意識
 一 精神の二重性
 二 意識下の叡智
 三 言葉、信念、力

第三章 言語の運用、または命令にしたがうということ
 一 遂行的発言の可能性
 二 命名について(一)──指令語と力の運用
 三 誘惑と変形

第四章 対人関係と人称性の構造
 一 二重にパターンの裏をかく
 二 「われわれ」の作り方
 三 集団の切り取り線

第五章 ダブルバインドの層位学
 一 メッセージの推進力
 二 時間の論理(一)
 三 (イン)ポテンツ──「力」とは何か?
 四 悪循環という突破口

第六章 形式と実質
 一 命名について(二)──あるいはイマージュの諸様相
 二 内容と物質
 三 思考と行為の分離
 四 時間の論理(二)
 五 誘惑者、あるいは擬制の力について

第七章 ゲームの規則
 一 勝負師の癒し方
 二 サラームの後日談
 三 キャシーの最期


あとがき
文献略号一覧


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。