大学出版部協会

 

 ディオニュソス哲学の地下通路ニーチェとヘーゲル

ニーチェとヘーゲル ディオニュソス哲学の地下通路

A5判 296ページ 上製
定価:4,400円+税
ISBN978-4-588-15062-3 C3010
奥付の初版発行年月:2010年02月 / 発売日:2010年02月中旬

内容紹介

神の死という視点からヘーゲルとヘーゲル左派を経由してニーチェへと到る地下通路を解明したレーヴィットらの研究をふまえながら、仮象論をさらに行為論へと絞り込んで現代哲学との接点をも明らかにし、ヘーゲルとニーチェの相補的関係の根底に、古代のディオニュソス崇拝という接点があることを示す。自己創造的行為論の豊かな哲学的鉱脈をヘーゲルからニーチェに到るドイツ哲学史に探る意欲的な試み。〔哲学・思想〕

出版部から一言

ネット社会における仮想と現実──その矛盾と統合の論理にもおよぶ現代人のための哲学です。

著者プロフィール

山口 誠一(ヤマグチ セイイチ)

1953年,東京生まれ.現在,法政大学文学部哲学科教授(ドイツ哲学).
主要編著書:『ヘーゲル哲学の根源―精神現象学の問いの解明』(法政大学出版局,1989年),『ヘーゲル事典』(共編著,弘文堂,1992年,2008年韓国語訳),『ヘーゲルのギリシア哲学論』(創文社,1998年),『クリエートする哲学』(弘文堂,2000年),『ヘーゲル《新プラトン主義哲学》註解』(共著,知泉書館,2005年).

上記内容は本書刊行時のものです。


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。