大学出版部協会

 

合格マスター 電験三種 機械 平成30年度版

合格マスター 電験三種 機械 平成30年度版

A5判 352ページ 並製
定価:2,800円+税
ISBN978-4-501-21580-4 C3054
奥付の初版発行年月:2017年11月 / 発売日:2017年11月中旬

内容紹介

過去の出題傾向を分析し、重要事項を中心として解説。1テーマの重要事項と例題を見開き2ページで解説。受験者の学習の整理に役立つ。平成29年度の試験問題と答、また過去10年間の出題傾向の分析を掲載。

前書きなど

 電気事業法では,一定規模以上の電気設備を備えるビルや工場等の保安の監督者として電気主任技術者を定め,電気設備の電圧や種類に応じて,第一種,第二種及び第三種と免状が分けられています。この中で最も取得しやすいのが第三種電気主任技術者試験,いわゆる電験三種になります。
 本合格マスターシリーズは,電験三種受験者を対象とし,理論,電力,機械,法規の4巻構成として,必要な分野から学習を進めることができるように,内容を各巻ごとに完結させてあります。また,各項目については,分かりやすくするために,見開き2ページでポイントと例題を解説しました。例題と章末問題は試験の出題に準じた形式になっていますので,受験練習のつもりで解いてみてください。
 著者陣は,教育現場や企業における実践指導の実績と合格のためのノウハウを有するベテランであり,既出問題の分析に基づいて重点事項を厳選するという観点で内容を構成しています。本シリーズによって多くの方が合格されることを筆者とともに心から祈念しております。

 東京電機大学 電験研究会


目次

第1章 直流機
 1.1 直流機の構造と種類
 1.2 電機子巻線法と誘導起電力
 1.3 直流機の電機子反作用とその防止対策
 1.4 整流作用と整流の改善
 1.5 直流発電機の端子電圧と出力
 1.6 発電機の特性曲線
 1.7 直流発電機の並行運転
 1.8 直流電動機のトルクと出力
 1.9 電動機の特性曲線
 1.10 直流電動機の運転
 1.11 速度制御と制動および損失と効率
 章末問題
第2章 変圧器
 2.1 変圧器の理論
 2.2 等価回路とベクトル図I
 2.3 等価回路とベクトル図Ⅱ
 2.4 電圧変動率
 2.5 百分率短絡インピーダンス
 2.6 変圧器の損失と効率
 2.7 変圧器の結線方式Ⅰ
 2.8 変圧器の結線方式Ⅱ
 2.9 変圧器の結線方式Ⅲ
 2.10 並行運転
 2.11 変圧器の冷却と絶縁油の劣化防止
 2.12 変圧器の各種試験
 2.13 単巻変圧器と計器用変成器
 章末問題
第3章 誘導電動機
 3.1 誘導電動機の構造
 3.2 同期速度と滑り
 3.3 電動機の誘導起電力と二次電流
 3.4 誘導電動機の等価回路
 3.5 トルクと同期ワット
 3.6 三相誘導電動機の特性Ⅰ
 3.7 三相誘導電動機の特性Ⅱ
 3.8 三相誘導電動機の始動特性Ⅰ
 3.9 三相誘導電動機の始動特性Ⅱ
 3.10 速度制御の方法
 3.11 回路定数の測定
 3.12 誘導発電機
 3.13 単相誘導電動機の始動方式
 章末問題
第4章 同期機
 4.1 同期発電機の原理と構造
 4.2 電機子反作用
 4.3 同期リアクタンス
 4.4 同期発電機出力
 4.5 同期発電機の並行運転
 4.6 三相同期発電機の特性
 4.7 三相同期電動機の理論
 4.8 三相同期発電機の入・出力とトルク
 4.9 三相同期電動機の位相特性(V曲線)
 4.10 三相同期発電機の始動法
 章末問題
第5章 パワーエレクトロニクスおよびメカトロニクス
 5.1 半導体バルブデバイスI
 5.2 半導体バルブデバイスⅡ
 5.3 整流回路Ⅰ
 5.4 整流回路Ⅱ
 5.5 整流回路Ⅲ
 5.6 インバータ
 5.7 直流チョッパ(直流直接変換装置)
 5.8 交流変換装置
 5.9 メカトロニクス
 章末問題
第6章 照明と電熱
 6.1 照明の基礎I
 6.2 照明の基礎Ⅱ
 6.3 白熱電球と蛍光ランプ
 6.4 水銀ランプとその他の放電灯
 6.5 照明計算の基礎
 6.6 各光源による照度計算および屋内・道路の照明計算
 6.7 電熱の基礎
 6.8 発熱体と物体の加熱電力量
 6.9 電気加熱方式と電気炉
 6.10 アーク炉・誘導炉・誘電加熱・ヒートポンプ
 章末問題
第7章 電動機応用と電気化学
 7.1 電動機の基礎
 7.2 各種電動機の所要出力I
 7.3 各種電動機の所要出力Ⅱ
 7.4 電動機の特性
 7.5 電動機の選定
 7.6 電気化学の基礎
 7.7 電池I
 7.8 電池Ⅱ
 7.9 電解化学工業および界面電解
 章末問題
第8章 自動制御と情報伝送・情報処理
 8.1 フィードバック制御
 8.2 フィードバック制御系の動作
 8.3 PID動作
 8.4 ブロック線図と伝達関数
 8.5 周波数伝達関数とステップ応答
 8.6 ボード線図
 8.7 ナイキスト線図による安定判別法
 8.8 ボード線図による安定判別法
 8.9 ハードウェア
 8.10 基本論理回路
 8.11 応用論理回路
 8.12 コンピュータの計測・制御
 8.13 コンピュータシステムの信頼性
 8.14 シーケンス回路
 章末問題
章末問題の解答
索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。