大学出版部協会

 

欧州郵政事業論

欧州郵政事業論

立原 繁:著, 栗原 啓:著
A5判 272ページ 上製
定価:2,700円+税
ISBN978-4-486-02180-3 C3034
奥付の初版発行年月:2019年03月 / 発売日:2019年04月中旬

内容紹介

万国郵便条約(1964年制定)の規定により、「ユニバーサルサービス」として加盟国間で実施される郵政事業の現状と課題を、日本に先立ち郵政民営化が導入された欧州各国の最新情報を、著者による現地調査を交え報告する。

著者プロフィール

立原 繁(タチハラ シゲル)

東海大学観光学部観光学科教授

栗原 啓(クリハラ アキラ)

JP総合研究所研究員

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに 

第1章  欧州郵便法の裁定者 EU
第2章  ポストノルド:世界の郵便事業の自由化の先駆け スウェーデン
第3章  ポストノルド・デンマーク:「電子政府」と郵便物量の減少 デンマーク
第4章  ポストノルド:国境を越えた郵便事業会社 スウェーデン・デンマーク
第5章  ロイヤルメール:郵便会社と郵便局会社 英国
第6章  「bポスト」:株主の重みを知る上場会社 ベルギー
第7章  ポストNL:「選択」と「集中」を実施するオランダポスト オランダ
第8章  「ポステ・イタリアーネ」
    :金融に重きをおくポスタルオペレーター イタリア
第9章  ラ・ポスト:政府の行政の一角をになう郵政事業体 フランス
第10章 ポステンノゲル:EUに翻弄される郵便事業 ノルウェー
第11章 ポスティー:郵便ネットワークを活かしたサービス フィンランド
第12章 ドイツポストDHL:世界を行くグローバル企業 ドイツ
第13章 ポルトガルポスト:完全民営化企業 ポルトガル
第14章 スイスポスト:評価が世界1位の取り組み スイス
第15章 万国郵便連合(UPU):国際郵便ルールの元締め
第16章 むすびと展望


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。