大学出版部協会

 

 特集 賢治学の現代的展開賢治学 第5輯

賢治学 第5輯 特集 賢治学の現代的展開

A5判 並製
定価:2,000円+税
ISBN978-4-486-02177-3 C1091
奥付の初版発行年月:2018年07月 / 発売日:2018年07月下旬

内容紹介

賢治の盛岡高等農林学校卒業100年を迎え、「現代」という複雑な時代背景に立脚し、賢治文学を現代のメディアから投影し多面的にとらえる。特集では、戯曲や映画・アニメ・音楽に影響を与えた賢治作品を論じる。他にもコラムや研究会報告を掲載する。

著者プロフィール

岩手大学宮澤賢治センター(イワテダイガクミヤザワケンジセンター)

2006年の岩手大学開学記念日に岩手大学内外の宮澤賢治への探究心を結集すべく発足。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

特集 賢治学の現代的展開
宮沢賢治と井上ひさし
ベジタリアン・修羅・ポストヒューマン――『シン・ゴジラ』と宮沢賢治をめぐって
<蠕虫舞手>あるいは「tube」としてのシン・ゴジラ――『シン・ゴジラ』における『春と修羅』の含意をめぐる試論
そらふかく息せよ


コラム それぞれの賢治
心象スケッチの原風景――三島屋旅館、加賀野の教会、城南小学校、そして盛岡測候所父、小菅健吉の思い出


宮澤賢治センター研究例会より
『春と修羅』とオルゴールの謎
木を植えた人たち――虔十、ブフィエ、シュトルム神父
「雨ニモマケズ」の一考察――「思索ノート」を通し二十一世紀賢治を読む


フォーラム「賢治学」
宮沢賢治のヘレン・タッピングへの片思いと西洋風街並みへの憧れと――大正ロマンのモリーオ幻想
宮沢賢治とオノマトペ
ルーマニアにおける賢治文学受容の現状と
今後ドイツにおける賢治文学受容の現状と今後の可能性について
賢治詩のスペイン語訳をめぐって

関連書

既刊書(東海大学出版部刊行)
『賢治学 第1輯』
『賢治学 第2輯』
『賢治学 第3輯』
『賢治学 第4輯』


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。