大学出版部協会

 

森のスケッチ

日本の森林—多様性の生物学1
森のスケッチ

A5判 252ページ
定価:3,400円+税
ISBN978-4-486-01637-3(4-486-01637-8) C3045
奥付の初版発行年月:2004年04月

内容紹介

本書は著者のフィールドワークをもとに、日本の森林構造、樹木の生活史、森林の成立、森林保全、森林で生活する動植物との関係など、ダイナミックで劇的に変化する森林の多様性を探る。本シリーズの根幹をなす「日本の森の生物学」である。


目次

はじめに
1章 樹木の多様性はどのように決まるのか
   1・1 森林の組成を決める要因
   1・2 日本の地史と植物相
   1・3 気候条件
   1・4 地形・土壌
   1・5 撹乱
   1・6 樹木の生活史と生物間相互作用
   1・7 人為的要因
2章 森林のダイナミクス
   2・1 多様性を維持するメカニズムとしての森林ダイナミクス
   2・2 植生遷移
       どのように植生は変化するのか
       極相林は安定なのだろうか
   2・3 自然撹乱と森林の更新メカニズム
       撹乱とはなにか
       撹乱レジーム
   2・4 林冠ギャップ
       林冠ギャップと森林の更新
       林冠ギャップのでき方が樹木の種類を変える
       林冠ギャップのでき方から探る森林の安定性
       (コラム)林冠ギャップをどうやって調べるか?
   2・5 大規模風倒
       一瞬にして倒壊する森林
       一斉風倒後に回復する森林
       一斉風倒と林冠ギャップの違いは何か
       スギ・ヒノキと一斉風倒
       (コラム)縞枯れ山
   2・6 山火事
       日本でも山火事は重要か
       中間温帯と山火事
   2・7 河川撹乱
       上流と下流で異なる撹乱
       ハルニレ林はどのようにしてできたのか
       関東平野のもともとの植生はなんだったのか
   2・8 地表撹乱
       斜面崩壊と結びついた森林
       土石流と森林
       温帯針葉樹と地表撹乱
   2・9 撹乱と森林のあり方
       森林更新と撹乱の時間スケール
       撹乱によって森林構造はモザイクになる
3章 樹木の生活史戦略とその多様性
   3・1 生活史戦略の考え方
       適応度の考え方
       生活史戦略とは
       (コラム)小川群落保護林の研究
   3・2 種子のサイズは何を意味するか
       大きい種子はどこが有利か
       小さい種子はどこが有利か
   3・3 種子散布
       植物はなぜ種子を散布するのか
       セーフサイトの獲得と種子散布
       ジャンセン-コネル仮説
       方向性散布仮説
   3・4 種子バンク
       種子バンクとは
       なぜ種子バンクをつくるのか
       ほんとうに種子が土壌中にたまっていくのか
       鳥散布と埋土種子
       (コラム)種子の生き残りが分布を決定する?
   3・5 実生期の戦略
       実生バンクとは
       耐陰性とはなんだろうか
       (コラム)ササの枯死とブナの実生バンク
   3・6 定着後の戦略
       実生バンクと稚樹バンク
       萌芽とはどんな戦略か
       光をめぐる競争と階層構造
   3・7 繁殖戦略
       自分で成長するか子供をつくるか
       どうして種子生産量が年によって変動するのか
   3・8 生活史スケジュールと寿命
       長寿の木と短命な木
       いつ繁殖を開始するのか
   3・9 樹木が共存するメカニズム
       共存メカニズムが働く生活史段階
       非平衡説
4章 二次林の成り立ち
   4・1 二次林の成り立ちは多様である
   4・2 ブナの二次林
       林内放牧と炭焼き
       「あがりこ」の森
   4・3 ナラの二次林
       ブナとナラの違い
       草地からつくられた雑木林
   4・4 美しいシラカンバ林はどのようにしてできたのか
       失敗した人工林
       カンバの種類によって成立過程が違う
5章 人間と森林の付き合い方の変貌
   5・1 最近の森林の変化
   5・2 ブナ林の変化とその歴史
       変化するブナ林の取り扱い
       ブナ林はよみがえるのか
       (コラム)苗場山のブナ天然更新試験地
   5・3 保護林の盛衰
       保護林の歴史
       孤立化している保護林
       保護林管理の問題点
   5・4 二次林の管理放棄
       地域によって二次林の管理方法も違う
       里山の二次林は持続的なのか
       雑木林も孤立化している
       二次林の管理を考えるために
   5・5 地域の植物相と森林利用
おわりに
引用文献
索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。