大学出版部協会

 

環境の指導法 改訂第2版

保育・幼児教育シリーズ
環境の指導法 改訂第2版

若月 芳浩:編著
B5判 212ページ 並製
定価:2,400円+税
ISBN978-4-472-40565-5 C3337
奥付の初版発行年月:2019年02月 / 発売日:2019年02月上旬

内容紹介

2018(平成30)年施行の幼稚園教育要領、保育所保育指針、及び幼保連携型認定こども園教育・保育要領に対応し、保育内容や保育方法の基礎から実践までを自学自習できるテキスト。制度や状況が変化する中でも変わらない、子どもの育ちに必要な園の環境のあり方や、その中で展開される遊びの方向性など、事例を交えて紹介する。


目次

保育・幼児教育シリーズ改訂第2版にあたって

第1章 保育の基本と環境
第1節 保育の基本とは
第2節 環境を通して行う教育とは
第3節 幼稚園教育要領、保育所保育指針針及び幼保連携型認定こども園教育・保育要領における環境の領域の位置づけ
第4節 環境の領域の実際

第2章 領域「環境」とは
第1節 領域とは
第2節 「ねらい」とは
第3節 「ねらい」の設定及び内容の展開の実際

第3章 領域「環境」の指導
第1節 領域「環境」における保育者の指導とは
第2節 領域「環境」の指導の実践例

第4章 領域「環境」の内容
第1節 自然環境
第2節 社会環境
第3節 遊びと環境

第5章 領域「環境」の保育計画
第1節 動植物との関わり
第2節 人と植物との関わり
第3節 数量との関わり
第4節 園と地域社会との関わり

第6章 領域「環境」のデザイン=環境構成
第1節 「環境構成」のデザインを決める基本コンセプト
第2節 就学前教育と小学校教育の連携を環境構成から見る
第3節 連携プログラムを環境構成の視点から見る
第4節 保育の質を環境構成の視点から見る

第7章 領域「環境」の現代的課題
第1節 遊び環境空間としての保育の場の課題
第2節 乳幼児期のカリキュラムの中核として「環境」をとらえる


[執筆者]
若月芳浩
坂本喜一郎
大井美緒
佐藤馨一
河合光利
櫻井利昭
相馬靖明


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。