大学出版部協会

 

ペスタロッチー・フレーベルと日本の近代教育

ペスタロッチー・フレーベルと日本の近代教育

A5判 352ページ 上製
定価:5,000円+税
ISBN978-4-472-40397-2 C1037
奥付の初版発行年月:2009年12月

内容紹介

明治の草創期に、学校教育に欧米式の方法が導入されて以来、子どもたちの直観や自発性を重視したペスタロッチーとフレーベルの教育思想は、戦後にいたるまで日本の教育に強い影響力を与え続けてきた。二人の教育思想はどのように受容され、実践されてきたのだろうか。その理想に共鳴した教育者・教育学者の足跡からたどる。


目次

はじめに
 序章 ペスタロッチーとフレーベル―生涯・業績・影響          
 Ⅰ 日本の近代教育とペスタロッチー思想の受容
    1 師範教育とペスタロッチー主義教授法
      ―高嶺秀夫によるペスタロッチー思想受容を中心に
    2 澤柳政太郎とペスタロッチー思想
    コラム 小西重直
    3 小原國芳の「全人教育」とペスタロッチー
    コラム 梅根悟
Ⅱ 幼児教育の成立とフレーベル思想の受容
    4 幼稚園の誕生とフレーベル主義教育
    コラム 関信三
    5 A. L. ハウと頌栄幼稚園
      ―キリスト教幼稚園にみるフレーベル思想の受容(1)
    コラム 松野クララ
    6  S. A. アルウィンと玉成幼稚園
       ―キリスト教幼稚園にみるフレーベル思想の受容(2)         
    コラム キュックリッヒ
    7 倉橋惣三における誘導保育論の成立
    コラム 国際幼稚園連盟とアメリカの幼児教育
Ⅲ ペスタロッチー・フレーベル研究の展開
    8 長田新のペスタロッチー研究
    コラム 広島のペスタロッチー祭
    9 荘司雅子のフレーベル研究
     ―人間教育から人間性の教育へ
    コラム 1930年代日本におけるフレーベルの紹介
Ⅳ 戦前の教育運動とペスタロッチー
    10 山下徳治とペスタロッチー
    11 生活綴方教師とペスタロッチー精神
コラム 池袋児童の村小学校の教師たち
    12 浦辺史と保育運動
     ―ペスタロッチーへの憧れを原点として
Ⅴ 日本のペスタロッチー
   13 小西信八と聾唖教育
    14 坂本龍之輔と貧民教育
    15 石井十次・留岡幸助と児童養護・教育
ペスタロッチーとフレーベルの基本文献
年表 日本の教育の変遷


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。