大学出版部協会

 

 ロビンソン変形譚のゆくえ女になった海賊と大人にならない子どもたち

女になった海賊と大人にならない子どもたち ロビンソン変形譚のゆくえ

A5判 384ページ 上製
定価:5,800円+税
ISBN978-4-472-40382-8 C3098
奥付の初版発行年月:2009年01月

内容紹介

19世紀半ばから20世紀半ばのイギリスでは、デフォーの『ロビンソン・クルーソー』の影響のもと、同じプロット、テーマ、状況設定の小説群が数多く生み出された。本書では、「国民国家」「性」といった角度からこれらロビンソン変形譚を論じ、児童文学史上「黄金時代」の文学と社会を考察。子どもの本のイデオロギーを分析する。


目次

序章 イギリス児童文学とロビンソン変形譚
第一章 帝国を建設する少年たち――バランタインの『さんご島』
 一 「男らしさ」のマニュアルとしてのロビンソン変形譚
 二 植民地で培われる男性性
 三 国家のイデオロギー装置と少年小説
 四 浸透する男らしさの神話と少年読者
 五 『さんご島』における少年と海賊
 六 男らしさと人間らしさの意味
第二章 華麗なる海賊ヒーロー――スティーヴンソンの『宝島』
 一 秩序と伝統からの離反
 二 歪められた男性性
 三 海賊ヒーローと作家の二面性
 四 『宝島』における男たちの世界
 五 逸脱する主体と逸脱する性
第三章 女っぽい海賊とみじめな父親――バリの『ピーター・パン』
 一 子ども部屋からの逃走
 二 ネヴァーランドとピーター・パン
 三 成人男性の憂鬱
 四 強制的異性愛体制への抵抗
 五 女性化した海賊と無性化される子ども
第四章 女海賊の異議申し立て――アーサー・ランサムの『ツバメ号とアマゾン号』
 一 引用と模倣の冒険世界
 二 アマゾン海賊の特徴と本質
 三 冒険の主体としての女性
 四 『女海賊の島』とナンシイ・ブラケット
 五 ランサム、帝国、そして女海賊
 六 女海賊が示すもの
終章 子ども部屋のロビンソン変形譚と性


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。