大学出版部協会

 

文明論の現在

文明論の現在

四六判 288ページ 並製
定価:2,100円+税
ISBN978-4-472-30275-6(4-472-30275-6) C0030
奥付の初版発行年月:2003年07月

内容紹介

地球的規模の激変のなかで、世界がこれから進む方角は、まだ定かには見えてこない。しかし、一つだけ確かだと思うことがある。それは世界各地の宗教や民族や部族や文化や文明や、あるいはそのなかに属する集団や個人が、それぞれの仕方で、これまでよりもさらに自分自身であろうとしていることである。――保守派の論客が、文明論的状況から、アメリカとは何か、激動するアジア、ナショナリズムについて、あるいは太平洋文明論など縦横に論じ、存亡の危機に立つ日本の進むべき路を考える。


目次

霧に閉ざされた世界(日本、依然として顔の見えない巨人 激変の歴史はまだ始まったばかり アメリカとは何か 戦略論のすすめ 他)/日本、存亡の時(日本の孤独 変貌する日米関係 東京裁判の弁護側資料 他)/動き始めたアジア(二十一世紀のアジアと日本 先の読めないアジア アジア、五百年に一度の激動 他)/文明論の現在(文明という新たな戦場 文明論的状況 太平洋文明は可能か 他)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。