大学出版部協会

 

 楽観的な、あまりに楽観的な福田恆存対談・座談集 第三巻

福田恆存対談・座談集
福田恆存対談・座談集 第三巻 楽観的な、あまりに楽観的な

四六判 並製
定価:3,000円+税
ISBN978-4-472-01623-3 C0395
奥付の初版発行年月:2011年10月 / 発売日:2011年10月下旬

内容紹介

加藤寛、久住忠男、林健太郎を相手に「共産党の思考パターン」について議論する表題作のほか、「伝統と革命」(佐伯彰一)、「日本人の喪失感をめぐって」(山崎正和)、「支配欲と権力欲への視角」(西尾幹二)、「日本人の外交感覚」(神谷不二)など全19編を収録。福田恆存が昭和40年代の文学・外交・教育を語る「対談・座談集」第三巻。


目次

文学の風土 演劇の風土(中村光夫)
現代文学への不満(中村光夫)
文学を語る(秋山駿)
強いことはいいことだ(村松剛)
伝統と革命(佐伯彰一)
日本人の喪失感をめぐって(山崎正和)
支配欲と権力欲への視角(西尾幹二)
日本人の外交感覚(神谷不二)
新聞は騒ぎすぎる(神谷不二)
亡国の新聞報道(新村正史)
条約が破られるとき(高坂正尭)
楽観的な、あまりに楽観的な(加藤寛・久住忠男・林健太郎)
日本文化を築くもの(藤井丙午)
義務教育は死んでいる!(鈴木重信)
飜訳のこころ(エドワード.G.サイデンステッカー)
「緊張緩和」という幻想(H.エリソン・勝田吉太郎・志水速雄・三好修)
ライシャワー神話を超えて(矢野暢)
〝インドシナ情勢〟は何を教えるか(神谷不二)
日本語のわからない日本人(鈴木孝夫)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。