大学出版部協会

 

 新しき文学への道福田恆存対談・座談集 第一巻

福田恆存対談・座談集
福田恆存対談・座談集 第一巻 新しき文学への道

四六判 432ページ 並製
定価:3,000円+税
ISBN978-4-472-01621-9 C0395
奥付の初版発行年月:2011年04月 / 発売日:2011年04月下旬

内容紹介

三島由紀夫、武田泰淳らを相手に「演劇というものを中心にした文学運動を起さなきゃならない」と述べる表題作のほか、「芸術批評について」(小林秀雄・吉川逸治・吉田秀和)、「僕たちの実体」(大岡昇平・三島由紀夫)など全18編を収録。昭和を代表する批評家・劇作家、福田恆存が激動の時代を語り尽くす「対談・座談集」第一巻。


目次

チェーホフ(神西清)
歴史小説の出発(佐藤春夫・今東光)
現代小説の転換(中村光夫)
小説家に何を望むか(小田切秀雄・中村光夫)
思想と風俗(井上友一郎)
文学・ロマン・人生(桑原武夫・坂口安吾)
これからの五十年 文学はどうなるか(三島由紀夫)
現代文学の欠陥を衝く(亀井勝一郎・中村光夫)
批評宣言(今泉篤男・吉田秀和)
新しき文学への道(加藤道夫・武田泰淳・三島由紀夫)
小説の秘密(中村光夫・大岡昇平・三島由紀夫)
笑いと喜劇と現代風俗と(獅子文六・辰野隆)
日本の思想と文学(清水幾太郎)
一九五一年の芸術界(今日出海・河盛好蔵・三島由紀夫)
芸術批評について(小林秀雄・吉川逸治・吉田秀和)
大岡昇平(亀井勝一郎)
僕たちの実体(大岡昇平・三島由紀夫)
アメリカで語る(大岡昇平・吉田秀和)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。