大学出版部協会

 

 自己翻訳がひらくテクストナボコフ 訳すのは「私」

ナボコフ 訳すのは「私」 自己翻訳がひらくテクスト

四六判 354ページ
価格:3,800円+税
ISBN978-4-13-086038-3 C3098
奥付の初版発行年月:2011年02月

内容紹介

バイリンガル作家ナボコフは,どのような謎を作品に仕掛けたのか? 一つの作品の英語版とロシア語版を精緻に読み比べることで,従来の作品解釈に変更を迫るような数々の発見を提示.ベケット,クンデラ,多和田葉子などにも共通する「自己翻訳」に着目し,創作と翻訳のダイナミズムを描き出す.東京大学総長大賞受賞の論考をもとにした快著.


目次

序章 自己翻訳とはなにか
第一章 ナボコフの「自然な熟語」——「一流」のロシア語から「二流」の英語へ
第二章 短編「報せ」——ホロコーストのあとさき
第三章 短編「重ねた唇」——消えうせた杖と組みかえられたトリック
第四章 『ディフェンス』——モラルをめぐるゲーム
第五章 『ロリータ』——ヘテログロッシア空間としてのアメリカ
第六章 訳注『エヴゲーニイ・オネーギン』——樹影譚としての翻訳論
第七章 ナボコフの「不自然な熟語」——エクソフォニー、あるいは「外化」から「異化」へ
終章 訳された「私」
ナボコフの自己翻訳一覧/ナボコフ略年譜/書誌一覧/読書ガイド


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。