大学出版部協会

 

 小田野直武「不忍池図」を読む秋田蘭画の近代

秋田蘭画の近代 小田野直武「不忍池図」を読む

A5判 400ページ
価格:6,500円+税
ISBN978-4-13-080212-3 C307
奥付の初版発行年月:2009年04月

内容紹介

江戸時代,日本在来の画材を使って,初めて洋画を描こうとした秋田蘭画派・小田野直武.平賀源内に洋画法を学び,『解体新書』の挿図を担当した画家は,いったい誰のために,何を意図してこの画を描いたのか——.静寂な風景画に見える一枚のなかに,中国美人画の文学的言説から,同時代の江戸風俗,鑑賞の遊びまでを見いだし,近代を先取り,近代でこそ再発見された絵画思考を甦らせる. 秋田蘭画全文献および美術館ガイドを所収.


目次

序 章 「不忍池図」が語るもの 
第I部 「不忍池図」が無かった時代
第1章 日本近代美術史上の秋田蘭画——平福百穂『日本洋画曙光』再考
第II部 トポスと象徴——「不忍池図」とは何か
第2章 トポスとしての不忍池
第3章 池の畔にたたずむ美人
第III部 視覚の仕掛け——「円窓」試論
第4章 円窓の内
第5章 框窓と借景——文人たちの窓
終 章 知られざる前衛志向
秋田蘭画全文献/秋田蘭画を鑑賞できる主な美術館ガイド など


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。