大学出版部協会

 

 2050年の展望世界の食料生産とバイオマスエネルギー

世界の食料生産とバイオマスエネルギー 2050年の展望

A5判 328ページ
価格:3,200円+税
ISBN978-4-13-072102-8 C306
奥付の初版発行年月:2008年05月

内容紹介

世界の食料生産,供給,貿易などの現状を,FAOや世界銀行のデータに基づいて網羅的に分析.食との競合が危惧されているバイオマスエネルギーや,食料生産が環境に与える影響についても言及しながら,2050年の食料と環境について展望していく.


目次

はじめに
要約
第I部 食料をめぐる現状
第1章 土地利用と食料—広い休耕地/増やせる栽培面積
第2章 農作物—倍増した穀物生産量/飼料需要が急伸する大豆
第3章 畜産物・水産物—50年前の3倍になった食肉生産量/横ばいの漁獲量
第4章 バイオマスエネルギー—熱帯雨林保護との衝突
第II部 技術革新による変化
第5章 窒素肥料—単収増加の立役者/深刻化する環境汚染
第6章 農民と土地—減少する農業人口/貧しい世界の農民
第7章 食料貿易と自給率—西洋が輸出,東洋が輸入/多くの国で低下する自給率
第III部 2050年の展望
第8章 資源と農業生産—資源は不足していない
第9章 国,地域別の分析—穀物の大量輸入国にならない中国/食料供給基地となるブラジル
第10章 食料生産の未来—バイオマスエネルギーとの競合は起きない
巻末付表
おわりに


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。