大学出版部協会

 

人口減少下のインフラ整備

人口減少下のインフラ整備

A5判 320ページ
価格:4,000円+税
ISBN978-4-13-062834-1 C3051
奥付の初版発行年月:2013年01月

内容紹介

日本は人口減少社会に入る一方で,多くのインフラが今その更新時期を迎えようとしている.人々の生活に必要不可欠でありながら,財源の減少に悩まされるインフラ整備.これからのインフラ整備を計画・主体・リスク分担・資金調達・技術の各側面から論じる.


目次

はじめに インフラ整備における人口減少の影響を議論する意義
序 章 人口減少とインフラ——背景と問題(植村哲士)
第1章 求められるインフラの“かたち”(浅見泰司・北詰恵一・植村哲士・宇都正哲)
第2章 計画論——戦後のインフラ整備と経済計画(松岡未季・植村哲士)
第3章 主体論——法整備と制度設計(赤羽 貴・高橋玲路)
第4章 リスク分担論——官民連携における論点(赤羽 貴・高橋玲路)
第5章 ファイナンス論——投資概念の理解と資金調達の多様化(木村耕平)
第6章 技術論——人材の確保と開発・継承(北詰恵一・植村哲士)
第7章 人口減少下のインフラ整備論(宇都正哲)
補 論 人口減少下における震災とインフラ(宇都正哲)
おわりに


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。