大学出版部協会

 

人と森の環境学

人と森の環境学

A5判 192ページ
価格:2,000円+税
ISBN978-4-13-062140-3(4-13-062140-8) C304
奥付の初版発行年月:2004年10月

内容紹介

里山との新しい関わりかたとは?,「日本の森林面積は増えている」のは良いことなのか?,熱帯雨林の乱伐と日本に住むわたしたちとの関係は?,いま林業とはどんな仕事なのか…….人間の生活・活動と森林とのかかわりから見直す,森林環境学へのいざない.


目次

1章 森の現在と過去
2章 生活者にとっての森林環境:ふれあい活動と風景
3章 生産者から見た森林:木材の利用と森林への活力付与
4章 消費者と森林環境をつなぐ:森林認証制度
5章 地域住民と森林:熱帯林の社会と政策
6章 森についての6つの問い
(1)森林の多面的機能を十分に発揮させるためには?
(2)誰が森林を管理するのか?
(3)森林は経済的になりたつか?
(4)森林の教育利用はどうすれば成功するか?
(5)人工林の造成は良いことだったのか?
(6)外材輸入は良いことか?
エピローグ:森林環境学と私


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。