大学出版部協会

 

安全安心のための社会技術

安全安心のための社会技術

A5判 384ページ
価格:3,200円+税
ISBN978-4-13-061158-9(4-13-061158-5) C305
奥付の初版発行年月:2006年01月

内容紹介

より複雑となる社会問題を解決するための方法とは? そして安全で安心に暮らすために必要な技術とは? これらの問いに応える,分野を超えた新しい知「社会技術」について,その理念や方法論を原子力・食品・交通・医療などの具体例をまじえて丁寧に解説する.


目次

はじめに(堀井秀之)
第1章 安全安心のための社会技術——そのコンセプト(堀井秀之)
1 安全安心問題はなぜ複雑か/2 安全安心問題の解決に役立つ「俯瞰的アプローチ」/3 「社会技術」の誕生
第2章 社会技術の開発・実装事例I[個別分野型]
1 医療安全達成のための診療ナビゲーションシステム(林同文・永井良三)/2 事故リスク分析モデルを用いた交通事故対策評価システム(高橋清・寺部慎太郎)/3 地震被害の可視化技術の開発(清野純史・堀宗朗)/4 化学産業の安全性に関する社会的合意形成支援システム(松田光司・堀郁夫・川端鋭憲)/5 オントロジーに基づく知識の社会共有支援(古田一雄・尾暮拓也)/6 緊急時対応のマルチエージェントシミュレーション(菅野太郎)
第3章 社会技術の設計方法
1 社会技術の設計プロセス(堀井秀之)/2 問題の分析(藤代一成・堀井秀之)/3 問題解決策の立案(堀井秀之・山口健太郎)/4 社会的影響の予測(堀井秀之・白戸智・八巻心太郎)/5 関係主体による多元的な評価(堀井秀之・山口健太郎)/6 安全安心確保のための法制度(城山英明・廣瀬久和・山本隆司・川出敏裕・村山明生)/7 リスク問題の分析とガバナンス形態の立案手法(中谷洋明・村山明生)
第4章 社会技術の開発・実装事例II[分野横断型]
1 知識の流通(西田豊明・中野有紀子)/2 失敗知識を用いた知識流通方法の試み—失敗学(中尾政之)/3 社会技術としての社会心理学(岡本浩一・今野裕之)/4 安全安心問題へのシステムアプローチ——医療安全問題を例に(飯塚悦功)
第5章 安全から安心へ
1 安全安心と合意形成(吉川肇子・竹村和久・藤井聡)/2 安全安心とアジェンダ設定—“2002年食品パニック”を例として(神里達博)
第6章 社会技術の普及に向けて
1 社会技術の実装の試み—シナリオ・シミュレータを用いた防災教育(片田敏孝)/2 社会技術の普及に向けた環境整備の提案(大林厚臣)/3 よりよい社会技術の開発のために(堀井秀之)
おわりに(堀井秀之)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。