大学出版部協会

 

 哺乳類学としてのニホンザル研究日本のサル

日本のサル 哺乳類学としてのニホンザル研究

A5判 336ページ
定価:4,800円+税
ISBN978-4-13-060233-4 C3045
奥付の初版発行年月:2017年05月 / 発売日:2017年05月下旬

内容紹介

ニホンザル研究の最前線――生態学,行動学,認知科学など,多様な分野の気鋭の研究者が執筆.伝統的な日本の霊長類研究の歴史をふまえて,これからのニホンザル研究を展望し,新しい野生動物学の地平を拓く.野生動物の研究や保護管理に携わる人たちの必読書.

著者プロフィール

辻 大和(ツジ ヤマト)

辻 大和:京都大学霊長類研究所助教

中川 尚史(ナカガワ ナオフミ)

中川尚史:京都大学大学院理学研究科教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 日本の哺乳類学とニホンザル研究の過去から現在(中川尚史) 
第I部 ニホンザル研究の再考
 第1章 食性と食物選択(澤田晶子)
 第2章 毛づくろいの行動学(上野将敬)
 第3章 亜成獣期の存在に着目した社会行動の発達(勝 野吏子)
 第4章 行動の伝播,伝承,変容と文化的地域変異(中川尚史)
 第5章 オスの生活史ならびに社会構造の共通性と多様性(川添達朗)

第II部 ニホンザル研究の新展開
 第6章 中立的・機能的遺伝子の多様性(鈴木-橋戸南美)
 第7章 四足歩行や二足歩行による身体の移動(日暮泰男)
 第8章 コミュニケーションと認知(香田啓貴)
 第9章 群れの維持メカニズム(西川真理)
 第10章 寄生虫との関わり(座馬耕一郎)
 第11章 他種との関係(辻 大和)

第III部 人間生活とニホンザル
 第12章 動物園の現状と課題(青木孝平)
 第13章 共存をめぐる現実と未来(江成広斗)
 第14章 福島第一原発災害による放射能汚染問題(羽山伸一)

終 章 これからのニホンザル研究(辻 大和)

あとがき(辻 大和・中川尚史)

Monkeys of Japan: A Mammalogical Studies of Japanese Macaques
Yamato TSUJI and Naofumi NAKAGAWA, Editors

関連書

62223/63347/63339/63340/60227/63321/63344


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。