大学出版部協会

 

 格差社会のなかの変容女性の就業と家族のゆくえ

女性の就業と家族のゆくえ 格差社会のなかの変容

A5判 240ページ
価格:3,800円+税
ISBN978-4-13-056103-7 C303
奥付の初版発行年月:2008年03月

内容紹介

「働く女性」はいまや当たり前.しかし,家族にとって女性=「妻・母」が働く意味は,経済格差の拡大が語られる今,大きく変わりつつある.少子化・高齢化・雇用の不安定化のなかで,女性の就業がさまざまな要因に規定されているという現実,そこから日本社会の構造的変容に迫る.


目次

序 章 「標準家族」の揺らぎ
第I部 女性の就業と家族をめぐる分析視角
第1章 階層構造の変化と家族
第2章 女性の就業と福祉レジーム
第3章 格差拡大と女性内の階層分化
第II部 女性の就業と家族をめぐる問い
第4章 どのような女性が働いているのか
第5章 家事分担は変わるのか
第6章 夫婦の意思決定は変化するのか
第7章 子どもをもつことをどう考えるのか
終 章 「標準家族」の解体を出発点として


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。