大学出版部協会

 

 21世紀都市空間の転回モビリティと場所

モビリティと場所 21世紀都市空間の転回

A5判 312ページ
価格:5,400円+税
ISBN978-4-13-050173-6 C303
奥付の初版発行年月:2008年10月

内容紹介

モダン社会の枠組みを越えてグローバル化するヒト,モノ,カネの移動(モビリティ)は,真に開かれた市民社会の到来を可能にするのか.流動化し,液状化するポストモダンのフロー社会に,人々の拠って立つべき「場所」とは? アジアのメガシティの実証分析を介して,21世紀都市空間の転回を再審する.


目次

序章 いまなぜ「モビリティと場所」なのか
I モビリティのなかの都市空間と場所
1章 モダニティの両義性とグローバル化
2章 領域と流動体の間——グローバル化のメタファーをめぐって
3章 「社会を越える都市」とポストモダニゼーション
4章 「グローバルな市民社会」と場所のナラティヴ
5章 ローカル・ガヴァナンスと「開かれた都市空間」
II アジア・メガシティにおける都市空間の転回
6章 都市のアジア——ジャカルタを事例として
7章 ゲーテッドコミュニティとスラム
8章 バリにおけるムスリム
9章 バリと日本人 
10章 ポスト・グローバルシティの座標軸——現代アジア都市空間の転回の位相
終章 場所を問い込む


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。