大学出版部協会

 

 あいまいな法はいかに実施されるか自治体現場の法適用

自治体現場の法適用 あいまいな法はいかに実施されるか

A5判 240ページ
定価:4,800円+税
ISBN978-4-13-036151-4 C3031
奥付の初版発行年月:2017年04月 / 発売日:2017年04月中旬

内容紹介

行政と法が深くかかわる時代を迎える現在,具体的な事案に直面した自治体現場はどのように法を適用しているのか――環境規制の実例を素材に聞き取りや質問票調査などから得られた知見をもとに,多種多様な現実に対して抽象的な法規を適用する自治体の判断の真相に迫り,生きた法の姿を描き出す.

著者プロフィール

平田 彩子(ヒラタ アヤコ)

平田彩子:京都大学大学院地球環境学堂特定准教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 自治体現場はいかに法を具体化するのか
第1章 分析の視角と理論的背景――現場部署による規制法の執行
第2章 環境規制法とその実施の現場
第3章 法適用の難しさ――困難な場面と対応戦略パターン
第4章 自治体間ネットワークと法の実施――戦略としてのネットワークの機能と作用
第5章 法適用の正当性を求めて――自治体間ネットワークの背景
第6章 おわりに

Dealing with Ambiguity: How Street-Level Offices Make Sense of Environmental Regulatory Statutes
Ayako HIRATA

関連書

36146/32385/32383/30160/30161/30070


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。