大学出版部協会

 

 情報の自由・規制・保護情報法の構造

情報法の構造 情報の自由・規制・保護

A5判 352ページ
価格:5,600円+税
ISBN978-4-13-036141-5 C3032
奥付の初版発行年月:2010年07月

内容紹介

急速に進展する情報化社会を見据えた新たな法原理・技術は何か——情報のあり方が問われる基本的場面に着目し,情報と法をめぐる課題の解決に向けた基底的な価値原理を浮き彫りにするとともに,拮抗する諸価値間の調整を図るための概念と論理技術を描き出す.


目次

序章 情報法への視角
第I部 表現の自由——情報の自由の価値原理
第1章 表現の自由の原理論の展開
第2章 第1修正における構造変化とその価値原理
第II部 言論とメディアの現代的課題——情報の自由の価値展開
第3章 第1修正の拡大と原理論の活性化
第4章 周縁的言論からの挑戦
第5章 放送メディアの自由と規制
第III部 情報の自由と規制——情報通信技術からの問い直し
第6章 ユビキタス時代のサイバー法と情報法との交錯
第7章 個人情報保護とメディアの自由——自由と規制の調整場面(1)
第8章 取材源秘匿と公正な裁判——自由と規制の調整場面(2)
第9章 集中排除原則の緩和と情報の多様性——自由と規制の調整場面(3)
第10章 表現の自由と著作権——自由と規制の調整場面(4)
第IV部  情報の保護——知的財産権と自由な情報流通
第11章 知的財産という概念をめぐる課題
第12章 知的財産の淵源に内在する緊張
第13章 知的財産の本質——財産法体系における位置付け
第14章 知的財産の正当化事由に対する問いかけ
第15章 知的財産権と自由な情報流通との調整
結語 情報法の成熟に向けた三つの示唆


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。