大学出版部協会

 

 都市の維持と存続江戸町人地の空間史

江戸町人地の空間史 都市の維持と存続

A5判 400ページ
価格:7,000円+税
ISBN978-4-13-026247-7 C3021
奥付の初版発行年月:2018年06月 / 発売日:2018年06月下旬

内容紹介

近世最大の城下町江戸が,どのようにかたちづくられ維持されてきたのか.商業・手工業・流通・労働などの諸活動を担った町人地,町方社会とその空間を明らかにする.人的かつ動的にささえる都市の基盤であった道や堀川を素材に,維持と存続の観点から都市空間を描き出す.

著者プロフィール

髙橋 元貴(タカハシ ゲンキ)

東京大学大学院工学系研究科特任助教

上記内容は本書刊行時のものです。

目次


第I部 空間史研究への視座と城下町江戸
 第1章 江戸町人地研究と本書の視角
 第2章 江戸の都市史研究と建築史学
第II部 江戸町人地と道
 第3章 道支配と管理体制——町人地における歴史的展開
 第4章 道と「持場」——維持管理の空間構造
第III部 江戸町人地と堀川
 第5章 堀川の空間動態と存続——「古町之川岸」の実像
 第6章 江戸河岸の片影——神田堀と材木仲買
第IV部 都市空間をささえる人びと
 第7章 境界領域の規制と空間認識——沽券地・庇地・公儀地
 第8章 町空間の再生産と民衆世界——鳶人足と火災復興
終 章 江戸町人地の空間構造,その史的段階

A Spatial History of Edo's Commoner District: the Maintenance and Continuity of the City
Genki TAKAHASHI


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。