大学出版部協会

 

20世紀日本の農民と農村

20世紀日本の農民と農村

A5判 312ページ
価格:5,800円+税
ISBN978-4-13-026211-8(4-13-026211-4) C302
奥付の初版発行年月:2006年01月

内容紹介

日本の農民たちが自らの生活を維持・改善するためにどのような意識で,どのような行動・対応をとろうとしたか.こうした農民の生活・意識・行動に迫り,日本の農村の20世紀史を生き生きと描き出す.11人による学術国際交流の成果.


目次

第1編 概観
第1章 20世紀日本農村の変化とその特徴(西田美昭)
第2章 農業労働の変化と農村女性(大門正克)
第2編 戦前の農民と農村
第3章 地方改良運動と農民(筒井正夫)
第4章 1920年代の農民運動(アン・ワズオ/加瀬和俊)
第5章 昭和恐慌と農村経済更生運動(ケリー・スミス/筒井正夫)
第6章 昭和恐慌と満州農業移民(サンドラ・ウィルソン/森武麿)
第7章 戦時下日本農村と植民地(森武麿)
第3編 戦後の農民と農村
第8章 戦後日本の兼業農民(レイモンド・ジュソム/加瀬和俊)
第9章 戦後日本の「農地慣行」と「農地規範」(岩本純明)
第10章 戦後の土地改良事業と農民意識の変化(加瀬和俊)
第11章 入植有機栽培農業者の波紋(ジョン・ナイト/岩本純明)
終章 日本農村のゆくえ(西田美昭/アン・ワズオ)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。