大学出版部協会

 

 共和国初期の経済ネットワークと都市近郊農村型事業とアメリカ資本主義の胎動

農村型事業とアメリカ資本主義の胎動 共和国初期の経済ネットワークと都市近郊

A5判 216ページ
価格:4,800円+税
ISBN978-4-13-026145-6 C3022
奥付の初版発行年月:2013年06月

内容紹介

ニューヨーク,またはフィラデルフィアを対岸にのぞむニュージャージーで,農村から事業家たちが目覚めはじめる.都市に小麦,薪や鉄鉱石を供給する彼らの足取りは,数々の失敗を経て,やがてアメリカ資本主義のネットワークの原型を描き出すようになる.「市場革命論」を超え,具体性のなかに資本主義の萌芽を描く社会史.
(第19回アメリカ学会清水博賞受賞)


目次

序章 都市近郊の農村と地域経済の発展
第1章 小麦粉——リチャード・ウォルンの製粉事業に見る地域連関,1780年代
第2章 森林(その1)——サミュエル・ライトの薪事業にみる農村型事業の輪郭,1810年代
第3章 森林(その2)と地下資源(その1)——農村型事業と区域間連結,1820年代〜30年代
第4章 地下資源(その2)——区域連結の稠密化と農村型事業の限界,1830年代〜40年代
終章 共和国初期における農村型事業の位置


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。