大学出版部協会

 

「満蒙問題」の歴史的構図

「満蒙問題」の歴史的構図

A5判 304ページ
価格:6,000円+税
ISBN978-4-13-026143-2 C3022
奥付の初版発行年月:2013年03月

内容紹介

「満蒙」という地域概念はいかにしてつくられたか.「満蒙独立運動」なる事件は本当に存在したのか.問いは満洲国建国へとつながってゆく.モンゴル・日本・中国・ロシアの原典史料をしてその実態を語らしめる,近代東アジア研究の第一人者による待望の一書.


目次

緒言——本書の課題と構成
序 論 地域概念の政治性
第一章 「東部内蒙古」という空間
第二章 清朝末期の内モンゴル王侯
第三章 清末期ハラチン右旗の王府と社会
第四章 清朝の崩壊と「満蒙独立」という幻影
第五章 グンサンノルブの模索
第六章 「モンゴル独立」をめざし挫折した、ある内モンゴル人の実像
第七章 日本による袁世凱打倒工作の展開とバボージャブ
第八章 彷徨えるバボージャブの兵士とシベリア内戦
結語 「満蒙独立運動」という幻想
補論 “東北/北東アジア”はどのように、とらえられてきたか


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。