大学出版部協会

 

 史料の生命、日本とヨーロッパ移動者の中世

移動者の中世 史料の生命、日本とヨーロッパ

A5判 256ページ
価格:5,000円+税
ISBN978-4-13-020306-7 C3020
奥付の初版発行年月:2017年05月

内容紹介

移動という現象が大きな影響を及ぼす現在,中世の移動する人々の痕跡を,残された史料から復元し,時代的・地形的実像を読み解く.日本史・西洋史・建築史・美術史の気鋭の研究者が,他の地域・分野との対話を視野に,それぞれの特長を活かして中世における移動を論じる「移動の比較史」.


目次

序(高橋慎一朗)

I 移動する史料,移動者の史料
1 〈船の旗〉の威光——戦国日本の海外通交ツール(黒嶋 敏)
2 旅行者と通行証——関所通過のメカニズム(及川 亘)
3 王の移動——エドワード一世の巡幸と納戸部記録(加藤 玄)

II 移動の意味
4 移動する歌人——宇津の山のイメージの変転(高橋慎一朗)
5 いくつもの巡礼道——西国三十三所のイデア(岩本 馨)
6 ひとの移動と意味の変容——オトラント大聖堂床モザイクの大樹と裸人(金沢百枝)

III 移動と地形
7 水都の輪郭——ヴェネツィア・ラグーナのフロンティア(横手義洋)
8 岩窟と大天使——ヨーロッパにおける大天使ミカエル崇敬の展開(千葉敏之)
結——移動の資料体学へ(千葉敏之)

The Middle Ages through the Eyes of Travelling People: Social Functions of Source Materials in Japan and Europe
Shinichiro TAKAHASHI and Toshiyuki CHIBA, editors


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。