大学出版部協会

 

 身体を取り囲む人工環境知の生態学的転回2 技術

知の生態学的転回
知の生態学的転回2 技術 身体を取り囲む人工環境

A5判 308ページ
価格:3,600円+税
ISBN978-4-13-014132-1 C3310
奥付の初版発行年月:2013年07月

内容紹介

環境によって作られてきた人間は,環境を改変してきた存在でもある.本巻では,この人間=「技術的環境内存在」のあり方を空間,運動,道具の使用と制作の観点から具体例に沿って明らかにする.


目次

序章 知覚・技術・環境:技術論の生態学的転回(村田純一)
第I部 環境に住まう
第1章 現象としての光の建築(吉澤 望)
第2章 サウンドテクスチャー——日常音環境の知覚を可能にする情報単位(伊藤精英)
第3章 「つくる」と「つかう」を超えて(関 博紀)
第II部 アフォーダンスを設計する
第4章 依存先の分散としての自立(熊谷晋一郎)
第5章 動きの生まれる椅子を作る(野村寿子)
第6章 エコロジカルな看護——出産環境のアフォーダンス(谷津裕子)
第7章 追いこまれるニーズ(川内美彦)
第III部 21世紀の技術哲学
第8章 スポーツとテクノロジー(長滝祥司)
第9章 人工環境と切り結ぶ身体——メディア研究の生態学的転回(柴田 崇)
終章 技術の哲学と〈人間中心的〉デザイン(直江清隆)
用語説明


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。