大学出版部協会

 

 	防災人間科学

防災人間科学

A5判 304ページ
価格:3,800円+税
ISBN978-4-13-011126-3 C3011
奥付の初版発行年月:2009年09月

内容紹介

震災被災者が生きてきた時間によりそいつつ,その体験を学び,語り,伝え,防災実践の共同体を作る——阪神・淡路大震災以来,市民実践にふかく関わってきた著者が,従来の「防災心理学」の境界を力強く踏み越え,行動し参加するフィールドの学を構想しいざなう.


目次

まえがき
序 章 「防災人間科学」とは何か
第I部 社会と防災研究
1章 社会の中の防災研究——リスク社会の自己意識
2章 防災の〈時間〉論
3章 「正常化の偏見」を再考する
第II部 人間と災害体験
4章 災害体験と〈場所〉
5章 災害による喪失と支援
6章 体験の風化を計量する
第III部 防災人間科学と実践
7章 防災教育・学習−実践共同体論を通して
8章 ゲームづくりを通した防災学習
9章 〈生活防災〉の実践共同体
むすび——新たな挑戦


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。