大学出版部協会

 

臨床心理学の倫理をまなぶ(オンデマンド版)

臨床心理学の倫理をまなぶ(オンデマンド版)

A5判 312ページ
定価:3,200円+税
ISBN978-4-13-009119-0 C3011
奥付の初版発行年月:2017年03月 / 発売日:2017年03月上旬

内容紹介

倫理とは臨床心理士が専門職として社会に位置付く必須の条件である.基本的な発想,学習法から,守秘義務,多重関係の禁止などの最もクリティカルな状況での判断までを懇切に説く,常に現場の傍らに置きたいテキスト.

出版部から一言

大学で学んでいる方,はじめて実習に出る方から,臨床心理士,そのほか心理援助に携わっておられるベテランの臨床家の方まで,日々の実践のヒントとして,常にお手元に置いていただきたい本です.
 第2章に,いくつかの架空事例もありますので,グループ討論や,ロールプレイなどにもお役立てください.
 単なる「○○べからず集」ではない,「よき専門性・よき実践を形作るもの」としての,“臨床心理学の職業倫理”決定版テキストです.


目次

はじめに・この本を手に取った人に
第1章 職業倫理はお堅い理屈?
第2章 まずは具体的な状況から考えてみる
第3章 職業倫理の7原則――パート1:7原則の全体像
第4章 専門的能力――職業倫理の7原則・パート2
第5章 多重関係――職業倫理の7原則・パート3
第6章 秘密を守る――職業倫理の7原則・パート4
第7章 インフォームド・コンセント――職業倫理の7原則・パート5
第8章 問題解決をどのように行なうか――倫理的意思決定モデル
第9章 職業倫理のトレーニングコース――よりよい意思決定のために

関連書

15111/11112


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。