大学出版部協会

 

新版 分裂病と人類

UPコレクション
新版 分裂病と人類

四六判 280ページ
価格:2,800円+税
ISBN978-4-13-006514-6 C1347
奥付の初版発行年月:2013年09月

内容紹介

統合失調症の概念の起源を,人類の文化史にさかのぼる.精神の病を文化・歴史的な深みで考究する著者一連の著作の原点.全新組.


目次

第1章 分裂病と人類——予感、不安、願望思考
 序
 1 “先取り”的な構え
 2 狩猟民的な認知特性
 3 農耕社会の強迫症親和性
 4 近代と分裂病親和者
 5 人類学的な有利さ
第2章 執着気質の歴史的背景——再建の倫理としての勤勉と工夫
 1 “甘え”の断念
 2 再建の仕法家——二宮尊徳
 3 立て直しと世直し
 4 世俗倫理の盲点
 付 自己抑制の倫理——武士階級
第3章 西欧精神医学背景史
 序
 1 古代ギリシア
 2 ギリシア治療文化の変貌
 3 ヘレニズムに向かって
 4 ローマ世界とその滅亡
 5 中世ヨーロッパの成立と展開
 6 魔女狩りという現象
 7 魔女狩りの終息と近代医学の成立——オランダという現象
 8 ピネルという現象——一つの十字路
 9 ヨーロッパ意識の分利的下熱
 10 ピューリタニズムと近代臨床
 11 フランス革命と公式市民医学の成立
 12 啓蒙君主制下の近代臨床建設
 13 新大陸の“近代”
 14 大学中心の西欧公式精神医学
 15 力動精神医学とその反響
 16 二十世紀における変化
 17 西欧“大国”の精神医学
 18 西欧“小国”の精神医学
 19 ロシアという現象
 20 “向精神薬時代”と巨大科学の出現
 21 神なき時代の西欧精神医学
 22 ヨーロッパという現象
おわりに——“神なき時代”か?
あとがき
新装版あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。