大学出版部協会

 

法律から考える公共性

公共哲学
法律から考える公共性

A5判 400ページ
価格:3,800円+税
ISBN978-4-13-003432-6(4-13-003432-4) C330
奥付の初版発行年月:2004年08月

内容紹介

社会の公共空間での討議とそこから生まれる公論が,立法審議に反映し,法律の制定を導く——果たして,その回路は実際に機能しているのか.公共世界を切り開く立法の条件は何か.法世界における公と私,公共性の課題に新しい展望を示す.


目次

はじめに(長谷部恭男)
発題I 法律の世界における公私と公共性(阪本昌成)
発題II 実務的観点からみた立法の公共性(高見勝利)
発題III 知的財産法と公共性(鈴木将文)
総合討論I(コーディネーター:長谷部恭男)
発題IV ブロードバンド時代の放送の位置付け:憲法論的視点から(長谷部恭男)
発題V 家族法と公共性:生殖医療関連立法など最近の立法を中心に(大村敦志)
発題VI 憲法学からみた公共性(石川健治)
総合討論II(コーディネーター:山脇直司)
発題VII 表現の自由、結社の自由と公共(毛利 透)
総合討論III(コーディネーター:金泰昌)
発展協議(コーディネーター:金泰昌)
特論 プリコミットメント論と憲法学(愛敬浩二)
おわりに(金泰昌)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。